カテゴリ:阿波( 17 )

徳ばん

d0114253_23251463.jpg
徳島の伝統米、徳ばんを自然栽培されている方から分けて頂きました。
美味しいお米はだいたい、洗っている時点でよくわかります。
お米が軽くて、洗っても水がほとんど汚れません。
分けていただいたのもそうでした。
しかも、炊き上がりの蒸気が甘い香りになり、
あまりにも香りが強くて、私の大事な土鍋を母が洗剤で洗ったのかと、思わず洗剤の香りを嗅いでしまいました。
土鍋の蒸気の香りが洗剤の香りではなくホッとしました(笑)。
炊き上がったお米もとっても甘かったです。

写真は徳ばんを栽培している近くの船戸谷川。
クレソンが自生いてたところ。
[PR]

by zasudachi | 2010-12-28 23:08 | 阿波

小松海岸

d0114253_20505353.jpg

いつもいく月見海岸とは違ってそんなに整備はされていないけど、自然な感じが気に入りました。
今度は海岸の先まで行ってみたくなりました。
[PR]

by zasudachi | 2010-11-30 20:46 | 阿波

徳島の旬なお店

d0114253_21551210.jpg
今日はお友達にランチと可愛い雑貨のあるお店に連れていってもらいました。
そのひとつ、数日前に汽車で通り過ぎた牟岐線の二軒屋の駅構内にある雑貨も置いてあるカフェに行きました。
そんなに広くないけど、個展スペースあり、こだわりの雑貨あり、メニューには美味しい珈琲と素材にこだわっている天然酵母パンあり、そして、一時間に1本程度だけど、お店のカウンター窓から汽車が見え、まったりしたくなるようなお店でした。

Kちゃん、ありがとう!
[PR]

by zasudachi | 2010-08-15 21:55 | 阿波

連絡するの遅いわだー

d0114253_22353017.jpg
と言われながら、先輩と母校への剣道の稽古に行きました。
先輩や熱心な指導者の元、我が母校は、活気を取り戻しつつありました。
そして、一所懸命稽古してた頃を思い出しました。
改めて、剣道部に所属していて良かったなと思いました。

ちなみに、表題は男言葉の阿波弁で、意味は、連絡するのが遅い
ってことです。
女言葉なら、
『連絡するの遅いで~。』
って感じでしょうか。

子どもいるし、前々から約束しても会えるかわからないから、
最近は、実家に帰ってきてからお友達や先輩に連絡しています。

直前に連絡したにも関わらず、会いたい人とは会えて嬉しかったです。
今回会った人達とは、特に強い縁を感じました。
そして、これからも末永く付き合っていくのだろうと思いました。
みんな時間を作ってくれてありがとう!
[PR]

by zasudachi | 2010-08-15 21:50 | 阿波

徳島のシンプルなパン

d0114253_12475180.jpg

丈六からの帰り道、『お腹が空いたー』を大合唱の二人でした。
少しでも早く帰ろうしたのに、優しくないたくやんが車線変更したかったのに、入れてくれず、回り道をして帰りました。
そのおかげで、オーバッシュクラフトのパンを買いに行こうと思いつき、パンの取次ぎをしている喫茶店・こーひーあんへ行きました。
ハード系のパンは人気がないらしく、こーひーあんでは、ソフト系のものを主に置いているらしいです。
徳島では、珍しく、シンプルな材料で作られています。
以前は市街地から離れた場所に工房があったのですが、今は街中に店舗があり、ベーゲルサンドまで売っているようです。

こーひーあんのマスターは独特な雰囲気がある人ですが、
高校生の頃、UFO好きのマスターがやっているお店を思い出しました。
玄米を使ったメニューが沢山あり、UFOに関する本もたくさんありました。
先日、高校の先輩にあったら、彼もよく行っていたようで、
彼女にいつも『玄米ジュースを飲ませていた』と言っていました。
あの店の名前も場所もすっかり忘れてしまったけど、まだあるなら行ってみたいな。
[PR]

by zasudachi | 2010-02-04 12:14 | 阿波

うどん

d0114253_2564886.jpg
徳島では、いたるところにうどん屋があります。
最近、とくに増えたような気がします。
お隣の讃岐うどんが有名ですが、徳島にも、鳴門うどんやたらいうどんがあります。
香川のるみばーちゃんところで修行したあかいけ製麺のうどんはやっぱり美味しいです。
シンプルでしかも安いです。

注)写真はあかいけ製麺ではありません。
この日はお正月・三が日で、まだ開いてなくて行けませんでした。
[PR]

by zasudachi | 2010-01-09 01:52 | 阿波

電車じゃなくて汽車だよ!

d0114253_2242979.jpg

都会の電車とは違い、ディーゼルで走る汽車の中は、ガソリン臭く、どこか懐かしい感じがします。
小さい頃、大阪から兵庫の田舎に帰る時に利用した列車を思い出す匂いでもあります。

先日、新聞を読んでたら、最近の子は、においを何でも、「くさい」で表現し、
「焦げ臭い」ってどんな匂いなのか知らない子も多いらしいです。
売っている食品には賞味期限があり、匂いからそれが腐っているのか食べれるのか判断しないもの一つの理由なのかもと思いました。
昔から匂いにはとっても敏感な私、玄米菜食にしてからは、さらに鼻が効くようになりました。
二人の子ども達の体調を匂いから感じることもしばしばです。


また新聞記事から、最近は、電車好きの子どもから影響されて、電車が好きになるママさんを『ママ鉄』と呼ぶそうです。
大学の4年間を某私鉄駅で切符を売ったり、まかないを作っていた私も、鉄道好きです。
都内の地下鉄の駅も乗り換えは大体わかるし、本気で車掌になりたいと思ったこともありました。
会社での気晴らしは路線図を見ることなので、私もママ鉄の資格ありですかね(笑)。
学生限定の切符で東北を旅したり、18切符で大阪までもよく帰りました。
子ども達が大きくなったら、18切符で旅したいなーと思います。
[PR]

by zasudachi | 2010-01-09 01:50 | 阿波

やまなみ珈琲・大林店

牟岐からの帰り道、途中に住む友人に会いました。
店内は木目調で、ゆっくりできる雰囲気のあるお店です。

嬉しいサービスがありました。
珈琲のお茶請けに和三盆が添えてあったり、
二人にりんごのフレッシュジュース(生を絞った)を頼んだのですが、
一杯を二人で分けようと思ったら、
何と、二つのコップに分けて出してくれ、
さらに、付け合せのりんごもそれぞれのコップに付けてくれたのです。
夕食前だからって半分こにしたの、二人には物足りなかったようだけど。
[PR]

by zasudachi | 2010-01-03 02:30 | 阿波

漁師町・牟岐

d0114253_2295589.jpg
d0114253_2301074.jpg
徳島市から、車で1時間以上南に行った町・牟岐町は人口5000人ほどです。
過疎が進み、歩いている人をほとんどみかけませんが、
いつ行っても静かな時間が流れている素敵な漁師町です。
今年の夏は、ゆうやんとみくやんをここの海に連れて来てあげたいです。
[PR]

by zasudachi | 2010-01-03 02:22 | 阿波

丈六寺

夫の実家近くのお寺です。
d0114253_0313631.jpg
初めて行きました。

阿波の法隆寺とも言われ、徳島の寺院の中では文化財が多いらしいです。

裏山から入り、
勝浦川を眺め、
観音さまを拝み
心穏やかになりました。
が、その後、
血天井をみてしまい、あまりにもリアルだったので、鳥肌が立ちました。
そのせいか、散歩に行ったのに、全然体が温まりませんでした。

ところで、徳島は、東京よりも寒い気がします。
今日は、何年かぶりに氷がはっているのを見ました(写真②)。

血天井とは、
戦国時代、阿波に攻め込んできた土佐の戦国大名長宗我部元親の家臣が
その一体を治めていた牛岐城主新開入道道善を襲撃した時の形や足形の血痕
がそのまま残された天井です。
[PR]

by zasudachi | 2010-01-01 23:54 | 阿波