<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

続・遊山箱

d0114253_18274290.jpg
買っちゃいました♪
このれんげ畑の遊山箱の絵を見て、高校時代を思い出しました。
それも当たり前、吉野川をイメージした絵だそうで、私の母校は吉野川近くにあり、毎日長~い橋を越え、校舎からは素敵な川の風景を見ていたからです。
今日も、遊山箱をおいてあるお店に行ったのですが、そこでも、知らないご婦人から遊山箱の思い出話を聞きました。

遊山箱は、もともとは木工やさんが、小遣い稼ぎに作り始めたそうですが、箱の絵だけは職人にお願いしていたそうです。
徳島独特のものらしいのですが、貞光より西ではこれを持つ風習がなかったそうです。
そして、南の海部のほうでは、関西と船で行き来していたので、裕福な人は越前などの職人に高価な漆を塗ったものを発注したいたそうです。

ゆうやんやみくやんにもこの箱に思い出をいっぱい詰めてあげたいな~と思います。
[PR]

by zasudachi | 2008-02-29 18:13 | 阿波

遊山箱(ゆさんばこ)

と言えば、徳島で生まれ育った今の50代以上の人には思いで深いものだそうです。
お重を手付きの箱(出前のラーメンを入れるような)に収めたお弁当箱です。
昨日は、みくやんの雛人形(と言っても大谷焼きの小さいな置物)を見に行ったら、隣にありました。
お店に、58才と言うご婦人方が、遊山箱を見て「懐かしいー」と言っていました。
話を聞くと、
私のは、こんな感じの赤い色でな~、
これにおにぎりやおかずをお母さんに詰めてもらい、
遊びに行っきょったわ。

お友達の所で一緒に食べ、空いたところに、お友達のお母さんにういろうとか詰めてもらったりしたわ~

等など、色々な思い出話は聞かせてもらいました。

でも、この遊山箱は特殊なボンドで繋げられているらしいのですが、洗えないらしく、「油物を入れる時はラップに包んでください。」と。
値段もするので、どうせ買うなら昔風の作りでジャブジャブ洗えるのがいいので色々調べてからにしようと買わずに帰って来ました。
早速、夫のおばあちゃんに見せて!と電話したのですが、多分里にあると思うと言われました。

☆遊山箱を持っていた!お家にある!という方へ☆
思い出話、持っていた遊山箱はこんなのだった、などこっそりでいいので教えて下さい。
そして、もし良ければ、見せてください。
[PR]

by zasudachi | 2008-02-29 08:35 | 阿波

行方不明

今日は携帯電話がありません。
きっと、弟の車に置き忘れだと思われますが。
学生時代からずっと持っている携帯ですが、おばあちゃん家や会社に置き忘れて、手もとにない時があります。
こういう時は、不便なのですが、ない不安よりも、心が開放されています。
今日も、そうでした。

ということで、
Yちんへ
朝9時半まで実家に連絡ください。
もしなかれば、たこ公園(松茂中央公園)に行っているので、そこに来てね。
Aちゃん、2時くらいには実家に帰っているので、来る前に電話して。
[PR]

by zasudachi | 2008-02-28 20:15 | ひとりごと

徳島でのゆうやん

d0114253_18381682.jpg
d0114253_1839089.jpg
d0114253_1840354.jpg
田舎に帰ってくるたびにちーちゃんと里山に登るゆうやんですが、すっかり足腰が強くなってきました。
ちーちゃんのお友達と遊んでもらい楽しそうだったみたいです。
みなさん、お世話になりました。

みくやん、今日もエイリアンのような声を出していました。
時折、よつんばいになっています。

【ゆごろく】
・「もじもじしているだけ!」
体をゆすりながら遊ぶゆうやん、トイレに行きたいに違いないなのに、母が「トイレ?」って聞くと。
ぎりぎりまで行かず、「でちゃった~」ということもしばしば。

・「おねえちゃん、はだかんぼうだよ。なんでちっちだしてるの?」
パチンコパーラーの広告のビキニ姿の人の絵を見て。

・「おとうさん、おしごとだって。『おたんじょうびおめでとうって。そんなのかんけーねー』っていってたよ」
昨日、お父さんから電話があり、お話の内容をひいおじいちゃんとひいおばあちゃんに言ってたけど。
注)『そんなのかんけーねー』はゆうやんの脚色です。
ちなみに、ゆうやんはTVでよしおを見たことはありません。
[PR]

by zasudachi | 2008-02-26 18:22 | 子ども

三つ子の魂100まで

昨日は、実家近くで子どもをマクロビというか、自然育児で4人もの子どもを育てているという先輩お母さんに会いました。
とても素敵オーラの出来ているその彼女に言われました。
「自然育児で育てている子どもは汚いのよね(笑)。冬になると鼻水はずるずるたらすし、肌、特に顔はかさかさだし。でも、5歳くらいなれば、他の子とは違い、歯並びが良くて歯茎がしっかりしてたりするのよ。」
ってね。

そう言えば、数日前にお会いしたマクロビアンにも
「人間の生命力の違いは小さい頃に何を食べたかで変わるみたいだよ」
と。

三歳になったゆうやんですが、今までやってきた子育てでいいのかとふと思ってしまいました。
それでも、子育てのおかげで、たくさんの素敵な出会いと再会があり、今の私の生活は最高に楽しいので、ゆうやんも楽しいはず!です。

子育てしながら色々迷いますが、改めて私は、ゆうやんやみくやんには、『ありがとう』が素直に言える、そして、『本物』がわかる人間に育てたいと思いました。
母や父と本当によく喧嘩する私ですが、小さい頃から、『本物』を見せてもらえたことには感謝しています。
[PR]

by zasudachi | 2008-02-26 10:56 | 育児

ゆうやんのお誕生日

d0114253_2239338.jpg
d0114253_22391350.jpg
今週末は、お父さんが用事でいないので親子三人徳島に帰って来ました。
(またかい!って感じですが。。。)
明日で三歳になるゆうやんのために母は、朝からケーキを作りに行って来ました。
(このケーキ、卵・乳製品なしだけど、とってもふんわりしたスポンジに中はイチゴと相性ばっちりのカスタードクリームに、外側は滑らかなさつま芋クリームのロールケーキ!また作りたいんで、食べたい人は言ってね☆)
そして、午後は、お友達のところへお邪魔しました。
ここの兄弟、よく喧嘩するらしいけど、とっても仲良く、なかなか彼らの輪に入れないゆうやんだけど、今日はこの前より楽しく遊びました。
(実は、とっても居心地が良いお宅なんで、母は毎回、帰ったら顔を出している(笑)。)
夜は、「なっとうごはんがたべたい!」と言うゆうやんのリクエストに応えて手巻き寿司で一日早いゆうやんのお誕生日をお祝いしました。

みくやんは、ちーちゃん吹くオカリナをじーとみつけていました。
(みくやんの写真はその姿)
ちーちゃんのオカリナは前より上達していました。
みくやんもこのことに気づいたのでしょうか。

ところで、ブログからはお父さんの影が薄いとお友達から言われましたが。
確かに、寝る部屋はお父さんだけ別で、一見家庭内別居のように思われがちです。
彼は平日は仕事が忙しく、夜が遅いけど、寝る前に、二人の寝顔を必ず見て、チューをしています。
そして、朝7時に起き、ゆうやんと一緒にコーヒー豆をひき、時には絵本を読む事も、家族4人で楽しく朝食を食べ、ゆうやんの顔を丁寧洗ってあげてから、8時半にはゆうやん共に出勤しています。
いつも、「ゆうやんは赤ちゃんだから」と甘やかすので、ゆうやんも母に怒られると、必ず、「おとうさんがいいよー」と言うようになりました。
いい所取りのずるい彼ですが、とっても子煩悩でもあります。


【ゆうごろく】
・「ほら、ちーちゃん、かたづけてないよ。でも、かたづけなくてっていいんだって。」
ちーちゃんの出しっぱなしのオカリナを指差して。そして、最後には「どっかにいっちゃうよ」。

・「ちーちゃん、おこらないで!おなかがすいてるんだけど」
焼き芋ばっかり食べるゆうやんにちーちゃんがもうおしまいって言うと。

・「おっちゃん、びーるもってかえってないよ。わすれたんじゃない」
昨日、遊びに来たおっちゃんがビールを持って帰ると言いながら、忘れて帰ると。

・「○○くん、かぜひいてほいくえんおやすみだって。おかあさんといっしょにおやすみだって」
保育園の帰り道に。
[PR]

by zasudachi | 2008-02-24 21:38 | 子ども

登園拒否

d0114253_01458100.jpg
d0114253_015311.jpg
d0114253_0191294.jpg
d0114253_0195879.jpg
d0114253_0252182.jpg
昨日のゆうやん、保育園に行く途中、突然、「さむいからぼうしをとりにかえるー」と大泣きし、保育園に着いても、「おやすみするのー」と。
仕方がないのでそのままお休みしました。
今朝も、行かないと言っていたのですが、お父さんに、行こうと言われ、そのまま出かけてしまいました。
最近のゆうやんは、少し情緒不安定気味です。
この前はお店の前で大泣きし、「おとうさんにあいたいよー!!」と。
でも、保育園の先生に言わせれば、3才児としてはよくありがちな行動で、いままでもゆうやんが気持ちを抑えていただけではないとか。
今夜は、もうすぐ引っ越すれいくんと久しぶりに遊びました。

最近のみくやんは、エイリアンのような低~い声とガッちゃん(ドクタースランプあられちゃんの)のような高~い可愛い声を使い分けています。
そして、「ママー」や「かーしゃん」と言う言葉を発しています。
今日は玄関まで徘徊し、お父さんのスキーのブーツをかたかたさせて遊んでいました。
オムツは相変わらずSサイズで小さいのですが、お洋服は80サイズでもぴったりなものもあり、母から見ると手足が長いような気がします。
いつも間にかお座りもしっかりしてきましたが、離乳食は相変わらず、進んでいません。
今日は、遊びにきたゆらくんとこうちゃんを興味津々に触りに行っていました。

【ゆうごろく】
・「おかあさん、おかねもってるでしょ」
お店に入ると、「これかって」や「これがほしいと」言いますが、「お金ないでしょ」と言うと、こんな一言を。
でも、「お仕事してお金を稼いでから買って下さい」と言うと、大人しくなります。
お店では自分好みのお洋服を選ぶようになりました。

・「いっさつ、かうっていったでしょ」
先日、くれよんはすで、母は「最後に一冊読んで帰ろうね」と言うところを、「読んで」と「買って」をいい間違え、ゆうやんは嬉しそうにトーマスの長ーいお話の絵本を持ってきました。

・「ゆう、どうぶつえんにいったんだよ」
いいえ、水族館に行きました。

・「まいちゃんのおにいちゃん、なにもってったけ?」
「ランドセル」がなかなか覚えられないゆうやん。

・「ゆうのすきなおにいちゃん、『バイバイ』っていってたね」
同じ建物に住んでいる優しい小学生のお兄ちゃんに会うといつもとっても嬉しそうなゆうやんです。

・「なかまやせんせい」
「なかやま」って言えないゆうやん、隣のクラスの先生のことをこう呼ぶそうです。自分の担任の先生以外のこともよく言っています。少し前にTVでマチャミを「○○せんせいだ」って、確かに何となく似ているかも、その先生とマチャミ。
[PR]

by zasudachi | 2008-02-20 23:51 | 子ども

ゆうやんの作品

d0114253_2244929.jpg
d0114253_224599.jpg
d0114253_22454484.jpg
d0114253_22432868.jpg

ビル・りんご・ふね、だそうです。
みくやん、お座りが上手になりました。

【ゆうごろく】
・「ゆうのばんそうこう、はってあげようか」
母の切り傷を見て。優しいゆうやんに惚れた母。

・「おとうさん、きょうははやくかえってくる?」
保育園の帰り道、必ず。

最近、面白いことたくさん言ってるけど、うっかり忘れてしまう母です。
メモらないとですね。
[PR]

by zasudachi | 2008-02-14 22:01 | 子ども

建国記念日

d0114253_11522671.jpg
d0114253_11533845.jpg
d0114253_1154201.jpg
d0114253_11544991.jpg
先週はと、言っても我が家では特に変わったことはしていません。
体調を崩し気味のゆうやんでしたが、そんなのも構わず木曜日から月曜日までお出かけしまくりました。
でも、回復しています。
出かけるとお昼寝をしないので、夕方にはご飯も食べずに寝たのが良かったのでしょうか。

みくやんも相変わらず毎日母に振り回されていますが、とっても元気です。
自分の欲しいものを見つけるとのそのそずりばいをしています。
この2~3日、膝をたてることもあります。

みくやんと一緒のキュートな女の子は、こうちゃんの妹、まーやちゃんです。
彼女は目が合うとニコニコし、母はとろけそうになりました。
一人勝手に寝るらしく、大人しく全く手がかからないようで、5ヶ月前のみくやんを見ているようでした。
ゆうやんとこうちゃん、久しぶりに会ったせいか、なかなか二人で遊ぼうとしませんでした。
でも、こうちゃんは自分のおもちゃを快く貸してくれるので全く喧嘩をしない二人でした。

【ゆうごろく】
・「いいよ」
お友達のこうちゃんのおもちゃなのに、彼が貸してと言うと、我が物顔で。

・「ゆうのいえんなかにもいっぱーいくるまがあるからきてね!」
連休中、お邪魔したところで言っていました。お友達の中ではおもちゃが圧倒的に少ないゆうやんですが、こんなことが言えるようになったと母は嬉しく思いました。

・「あっ、もりくんだ!」
保育園の帰り道、違うクラスのお友達を指差して言っていました。母は半信半疑で一緒にいた彼のおばあちゃんに、「もりさんですか?」と確かめてみました。ゆうやんの言ってることは間違っていませんでした。たまに保育園でクラスでの交流があるみたいです。
[PR]

by zasudachi | 2008-02-13 11:45 | 子ども

最近のヒットなもの

梅酢が大活躍なこの頃、『かんぴょうの梅酢煮』と『人参の梅酢ドレッシング』が我が家の大活躍なおかずになっています。

かんぴょうを梅酢で煮たものを海苔巻きの芯として入れました。
人参の梅酢ドレッシングは、混ぜご飯にしたり、納豆と混ぜたり、海苔巻きに入れたりしています。このドレッシングは月森さんのお店で食べたものを再現したのですが、とってもシンプルなのにとっても美味しいです。

【かんぴょうの梅酢煮】
かんぴょうを水で戻し。
鍋にひたひたの水を入れて煮て。
最後に梅酢を入れて煮汁を飛ばすまで煮る

だけの簡単なもの。ゆうやんの大のお気に入りでほんのりピンクになったかんぴょうはとっても可愛いです。


【人参の梅酢ドレッシング】
人参を摩り下ろし、塩を振り、鍋で蒸し煮にする。
人参の良い香りがしたら、梅酢を入れて煮汁を飛ばす。

これをご飯に混ぜるととっても甘く、ご飯が進みます。
月森さんは、人参の蒸し煮した後、フードフロセッサにかけてピューレ状にするらしいのですが、私は面倒で、最初に摩り下ろしてみました。
ちなみに、彼女のお店では、キャベツと菜の花をゆでたものにかけて食べ、その時は、「りんごが入ってるの?」って聞いてしまうような味でした。
[PR]

by zasudachi | 2008-02-07 20:00 | 我が家の食事