<   2010年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

池上本門寺

d0114253_23182389.jpg
d0114253_23185268.jpg

少し前なら梅の香りが楽しめるお寺なのですが、土曜日は桜が綺麗でした。
ここのお墓には力道山を始め、有名人がたくさん眠っているそうです。
近くには美味しいくず餅を売っているお店があります。
くず餅、葛を使っているのが当たり前かと思ったら、東京では、小麦粉を発酵させたもので、独特のにおいがあり、それはそれで美味しいですが、この日は食べませんでした。
[PR]

by zasudachi | 2010-03-28 22:50 | 散策

週末

d0114253_2342763.jpg
d0114253_2345445.jpg
d0114253_2352091.jpg
d0114253_2353770.jpg
d0114253_2394270.jpg
土曜日、母の用事で二人は朝9時に池上に行きました。
母の用事間、保育をしてもらった二人、池上本門寺の中を散歩したらしく、終わってから、散歩コースを案内してくれました。
散歩中、浄行菩薩さまをたわしで洗ったのと、その姿を見せてくれました。
気がつくと、大堂までの階段を登ったみくやん、お経を聞きながら、誰かに教えてもらったのか、手を合わせていました。
帰ってから、近所の公園でそうちゃんと遊んだ二人です。
お別れのバイバイをみくやんは、そうちゃんが見えなくなるまでしていました。
[PR]

by zasudachi | 2010-03-28 22:44 | 子ども

ずっとまっすぐだよねー

d0114253_22441967.jpg
だから、大井町まで自転車で行きたい!
と、うちからほとんど坂道がない大井町まで、ゆうやんとサイクリングを楽しみました。
みくやんは、母と二人乗りで。
大井町に着いた頃、仕事を終えたじいじから連絡があり、じいじは早歩きで一緒に帰ってきました。
ゆうやんが補助輪なしで自転車が乗れるようになったら、がんがん色んなところに行けるカモと楽しみの母です。
[PR]

by zasudachi | 2010-03-28 22:27 | 子ども

久々な姿

d0114253_2124577.jpg
d0114253_21242124.jpg
今日もみくやんはお昼前に保育園から帰ってきて、一緒に過ごしました。
ゆうやんは保育園のおやつを確認し、『保育園の肉まんじゅうって美味しいんだよ』ってお迎えは『4時半ね』と、今日はお別れ交流(年長さんがもうすぐ保育園が終わりなので)で母手作りのお弁当を持参して行きました。
みくやんは、断然母と過ごすのが嬉しいらしいのですが、ゆうやんは、お友達と遊ぶの良くみたいです。

今日のお昼ご飯はじいじと一緒に食べ、その後、じいじが持ってきたはっさくを半分剥いた(写真①)ので、食べるのはゆうやんが帰ってくるまで待ってと言うと、冷蔵庫をぱたぱた開けながら、『Kさんのみかんたべる!』と泣いていました。
しばらくすると、床の上でよだれを出しながら、寝ていました(写真②)。
この寝姿、2年前を思い出しました。
[PR]

by zasudachi | 2010-03-24 21:24 | 子ども

秦野~渋沢のハイキングコース

d0114253_20561783.jpg
d0114253_20595463.jpg
d0114253_2101016.jpg
震生湖・渋沢丘陵コースを歩くつもりが、地図を見てもよくわからず、適当に畑の間を通って、秦野駅から渋沢駅を歩きました。
富士山を眺めながら、マイマイの泉で、美味しい水を飲み、土筆を摘み、桜が咲いているのを見たりして、3時間近くを歩きました。
そして、今日の一番のメインイベント、川内先生のお店で、ランチを頂きました。
年に2回しかない、宝珠弁当は、料金的には高いのですが、先生のアイデアがたっぷり詰まった14品もある贅沢なものでした。子ども達がいて、ゆっくり味わえなかったり、食べたいものを一口しか食べれなかったりしたのですが、とっても美味しくて、行って満足できました。また食べたいです、って言うか、また行くと思います。
お店のイベントの時は、先生の子ども達が総出でお手伝いするそうです。
噂には聞いていたのですが、正に『末広がり』の素敵な家族でした。
核家族で、祖父母の近くで育った事がなく、今も、両親とは離れている私には、家族が近くに住んでいると言うのは、本当に、羨ましいと思いました。
秦野駅を降りると、驚いたことに、ちびっ子から年配の方まで、会う人会う人がみんな挨拶をしてきました。
普段、都会に住んでいる私にとって、馴れ馴れしく話しかけてくる人には疑いをもってしまうのですが、今日は素直に挨拶ができました。
色々なところで、ヨイマワリを頂いてきました。
[PR]

by zasudachi | 2010-03-22 20:34 | 散策

3連休

d0114253_2028255.jpg
d0114253_20295695.jpg
d0114253_20304055.jpg
d0114253_20305988.jpg
d0114253_20312727.jpg
お父さんは出張中なので、母と三人で過ごしました。

土曜日 
前日から泊まりに来ているKKちゃんと近くでシタールを聴きながらのお話会に参加し、その後は公園でたっぷり遊んで帰りました。

日曜日 
朝起きるとゆうやんがぐったりしていました。なので、剣道の稽古はお休みしました。
実は、木曜日から熱っぽく、ずっといつもより元気なく過ごしていました。多分、扁桃腺が腫れていたと思いますが。その日の昼前には復活し、少しだけ大人しく、けど普段通り過ごしました。

月曜日(祝) 
秦野~渋沢間、7㌔以上を歩きました。二人とも土筆を摘みながら、とっても楽しそうでした。
その後は、母のお料理教室の先生のお店でランチを食べました。二人ともあんまり好きじゃないお粥パンを少々大目に頼んだのですが、ぺろりと食べてしまいました。美味しいものはよくわかっている二人です。残ったら、『持ち帰ったらいいわ』と先生に言われたのですが、全て食べたと言うと、驚いていました。電車の中では窓の外を見ながら、押し合いへし合いの二人でしたが、気がつくと、二人仲良く手を繋いで電車の乗換えをしていました。帰ってから、公園で遊び、たっぷり遊んだ二人は布団に入った途端、寝てしまいました。

ゆうやんのおでこの傷は、すっかりよくなりました。
数日、果物を我慢したおかげで、体液も出なくなり、傷口はすっかりくっつきました。
そして、血がついたタオルは、水につけているだけで、汚れが落ちました。
血が綺麗なんだなーと驚きました。
[PR]

by zasudachi | 2010-03-22 20:08 | 子ども

家を建てるなら

d0114253_0212126.jpg
d0114253_0215243.jpg
d0114253_02292.jpg
木のぬくもらいのあるのがいいなーと思っています。
今日は、青葉台にある、ウィズの森へ行きました。
ここは、ベニヤ板を使わず、最小限の接着剤とコードなど以外はできるだけ木、それも国産のもので、家を建てたり、マンションの内装をてがけているようです。

森のカフェと称して、木のテーブルや椅子でお茶を飲んだり、
子どもの木のおもちゃがあり、
10年目くらいのヒノキをお花を飾るようにペットボトルで飾り、
作家さんの作品展やワークショップも開催され、
毎週火曜日は天然酵母パンも売られているようです。

木のおかげで、良い氣が流れた素敵な空間でした。
お茶も飲めるようなので、また行ってみたいです。

社長さんに色々なお話を聞きました。

以下覚書(まだまとまっていません)。

・昔の家の良さ
→通気性などが考えられた作り

・高気密・高断熱の怖さ
→カビ・ダニの温床。

・住宅の有機JAS法
→素材だけではなく、一連の流れで。

・輸入材の問題
→防腐材・防虫剤

・間伐材の問題、使い道
→家を建てるにはコストがかかり過ぎ。
椎茸などの原木に利用。
[PR]

by zasudachi | 2010-03-19 23:30 | お気に入り

カルチャーショック

d0114253_23434940.jpg
d0114253_23442416.jpg
d0114253_23445761.jpg

いつもの鎌倉コースを歩きました。
今回は、みくやん、北鎌倉~大仏コース~由比ヶ浜~鎌倉を一度も抱っこせず歩きました。
本当は、海岸から鎌倉に向かう途中、疲れて抱っこをせがんだのですが、ゆうやんが、少々深い傷をおでこにおったため、頑張ってくれました。

おでこを海岸の階段でぐさりと音がするくらい切ったゆうやん、その日、マクロだけど、ケーキを食べたんです。
母と二人反省して、その晩は玄米ごはんをよーく噛んで、この数日、甘いものはさつま芋までで頑張っています。
みくやんも、道路で転び、舌を切るし、母も、10数年ぶりに転びました。
春はふらふらしやすい、危険は季節です。

今週は、お友達が来たというのに、普段通りの生活の延長線上でした。
甘いものはさつまいもやみかん、食事も米中心の超~質素なものだし、お菓子もなく、甘いものはさつま芋とみかんくらいで、
お風呂も石鹸ひとつに慣れ、気が付くと、ckがシャンプーとリンスを買ってきて使ってるし・・・。
h君は、電車に乗ったことがなく、乗換えが苦痛らしく、「もう電車は嫌や~」と言っていました。
普段歩かない彼でしたが、二人とともに、頑張って山を歩きました。
色々カルチャーショックを受けて帰ったようです。
昔から、お友達が遊びに来る事はよくありました。
やっぱりおもてなしが下手だなと思いました。
それにしても、益々自分の生活がシンプルになったと改めて実感もしました。
[PR]

by zasudachi | 2010-03-19 23:27 | 子ども

お料理教室

d0114253_2316594.jpg
今日も、りままで自転車で行きました。
担当はかわうち先生でした。
今日もどれも美味しかったのです。
実は、今日のメニューには揚げ物が二つ(フライとかりんとう)ありました。
献立とレシピはどれも先生が考えたようですが、事務局の都合で変えたらしいです。
オリジナル通りの献立じゃなくてちょっと残念でした。

メニュー
・三色おはぎ(胡桃と豆腐、黒胡麻、きなこ)
→よそ行きの顔をしたおはぎ。胡桃がとっても香ばしいかった。
・ブロッコリーとさつまいものフライ
→こんなものをフライにするところが、かわうち先生らしい。
ブロッコリー、よーく見ると、房の頭には衣がついていないの。
カワイイからだと単純に思ったんだけど、理由はなんだったのか。先生に確認しないと。
・大根と椎茸の和え物
→大根と椎茸を組合るなんて、これまた先生らしいと思った。
教室での味はちょっとしょっぱかった。先生曰く、「大根の切り方が悪いから」だって。
けど、ひしお味噌と胡麻ペーストの組合せは美味しかった。
・かりんとう(ごま、ヨモギ、青海苔)
→来月の月刊まくろびおてぃっくに載るらしい。
一足先にできるなんて嬉しい。
どれも、形がカワイイ。
食べると、青海苔が後を引く味でした。
[PR]

by zasudachi | 2010-03-16 22:50 | マクロビ

やってきた

d0114253_22582686.jpg
d0114253_22584164.jpg
母の友達ckとその息子君hくんが徳島から遊びに来ました。
空港まで迎えに行ったその帰り、偶然大きな公園を見つけたので、遊んで帰ってきました。
先月3歳になったばかりのhくんはとっても元気がよく、ゆうやんを「お兄ちゃん」ととっても慕っていて、
二人は仲良く同じ同じ遊具で遊び、マイペースなみくやんは、一人砂で遊んでいました。
普段食が細いらしいhくん、食事中に「お菓子が食べたい」と言いながら、「うちにはない」と言うと、ゆうやんとみくやんのの食欲につられ、いつもよりたくさん食べているそうです。

【みく語】
・「hくんくるの?ほいくえんのhくんじゃないよね?」
hくんが来る日の朝からとっても楽しみにして。

・「おせんべいつくってるの。ごましおかけてね」(写真②)
公園の砂場で。

・「しゅごいでしょ!できたよ」
踏み切りの手前の柵によじ登って。
褒めれることやっていないんだけど、とっても自慢げ。
[PR]

by zasudachi | 2010-03-16 22:46 | 子ども